ステンレスの酸洗い

酸洗いとは?

熱間圧延された金属製品を熱処理すると、表面にスケール(scale)と呼ばれる、酸化皮膜が付きます。 このスケールや錆などの、金属表面に付いた酸化物を除去するため、酸溶液中に比較的長い時間浸けて表面を清浄にする方法を酸洗といいます。 鋼の錆や熔接焼け等にも効果を発揮します。



当社で対応可能な酸洗い対象物について

ISD化研にて酸洗い可能な対象物
 対象物  ステンレス(SUS)など
 おもに取り扱っている製品  工業部品、車の部品など
 酸洗いの効果  熔接の焼けの除去や汚れとりに使われます
 対象ワークサイズ  2m×1.2m×1.5m

酸洗いの施工例

施工前後

酸洗いによる溶接焼け落とし


施工前後

酸洗いによる溶接焼け落とし


施工前後

酸洗いによる溶接焼け落とし




ページトップへ